MENU
ヨシコフ
2DCGデザイナー兼ワーママ
はじめまして!ヨシコフです

【ブログの目標】
・各種ツールの、検索をしてもなかなかわからないつまづきの解消&メモ&共有
・ワーママという特殊な立場で有益な情報発信
・生活情報メモ&共有
・ネタに困ったら雑記ブログ

【どんなひと?】
2DCGツール→AfterEffects,Photoshop,Illusrator
だけでは、最近厳しいので、blender2.8習得したいです
blogツール→wordPress

【大切にしている事】
家族と末永く平和に暮らしたいです
そのための5つの力(貯める力・守る力・稼ぐ力・増やす力・使う力)を習得中(両学長に感化されています)
ブログランキングに登録していマス

ブログランキング・にほんブログ村へ
楽天ROOMはこちら !!厳選アイテムをまとめました!!

【AECC】観覧車のように、頂点の位置を保ったまま回転させるには?

スポンサーリンク

EUマークの星全体に回転をかけたところ…

EUマークの星に回転をかけたところ、星に角度がついてしまって歯がゆい
EUマークの星に回転をかけたところ、星に角度がついてしまって歯がゆい

全ての星に角度がついてしまって歯がゆい!

観覧車のように、頂点の位置を保ったまま回転できないだろうか?

ヨシコフ

これ、調べたい時にどうやって検索かける?

目次

観覧車のように回転させる方法

前提条件
  • EUの国旗の星を回転させます
    シェイプレイヤーで作成しました
STEP
必要素材を用意
  • 星を配置するためのガイド&回転軸となる円を作成
  • ガイドに沿って星を配置していく
星を配置するためのガイド&回転軸となる円
星を配置するためのガイド&回転軸となる円

メニューバー「ビュー」→「ガイドへ表示」「ガイドへスナップ」を活用すると綺麗に配置できます

STEP
ガイドの円に回転アニメーションをつける

今回はエクスプレッション(Alt+キーフレーム)で回転アニメーションをつけました

使用コードは[time*]
1秒間に動く角度を設定するものです
今回は1秒間に60°動かしました

time*60

エクスプレッション(Alt+キーフレーム)で回転アニメーション
STEP
ガイドの円に親子付&星素材の回転にエクスプレッションを追加

全ての星素材をガイドの円に親子付けします

全ての星素材をガイドの円に親子付け
全ての星素材をガイドの円に親子付け

全ての星素材のトランスフォーム「回転」にエクスプレッション(Alt+キーフレーム)を適用します

トランスフォーム「回転」のピックウィップSTEP2でつけた回転の数値へピックウィップでつなぎます

すると、星素材の回転の方に👇エクスプレッションコードが表記されます

トランスフォーム「回転」のピックウィップとSTEP2でつけた回転の数値をピックウィップでつなぐ
トランスフォーム「回転」のピックウィップ
STEP2でつけた回転の数値を
ピックウィップでつなぐ

thisComp.layer(“rotation”).transform.rotation

こちらのコードを加筆する形で、thisの前に[-]を追記します

-thisComp.layer(“rotation”).transform.rotation

これを根気よく星の数だけ行うと出来上がります

観覧車のように、頂点の位置を保ったまま回転できた
観覧車のように、頂点の位置を保ったまま回転できた

応用:太陽系のように、正面を向いたままZ軸回転をさせるには?

つまりこのような映像です

太陽系のように、正面を向いたままZ軸回転をさせる映像
太陽系のように、正面を向いたままZ軸回転をさせる映像
前提条件
  1. アニメーションに必要な素材をシェイプレイヤーで作成
    今回は①画面の中央に配置する中央円素材②中央円素材を回り込む素材③円が動いたときに尾を引く軌跡素材の3種類
  2. 1.で作成したシェイプレイヤーを3Dレイヤー化し、太陽系のように、①の円を中心に、②③の素材を配置する
    ②③の素材は親子付けしておく
  3. カメラレイヤーでレイアウトを取る
    カメラレイヤーをヌルレイヤーで親子付けすると、ヌルレイヤーでレイアウト調整を行うことが出来、操作がラクになります
STEP
中央円素材と同じ位置にヌルレイヤーを作成。Z軸回転のアニメーションをつける
中央円素材と同じ位置にヌルレイヤーを作成。Z軸回転のアニメーションをつける

Z回転方向に回転し続けるように、ヌルレイヤーにエクスプレッション(Alt+キーフレーム)をつけました

time*100

STEP
中央円素材を回り込む素材と軌跡素材を、STEP1で作成したヌルへ親子付けをする

回り込んではいますが、中央円素材を回り込む素材は正面を向かず、ペラペラの側面と裏側が見えてしまっています

中央円素材を回り込む素材は、正面を向かず、ペラペラの側面と裏側が見えてしまっている
回り込む素材のペラペラな側面が見えてしまっている
STEP
中央円素材を回り込む素材STEP1で作成したヌルを親子付け

つなげる箇所は、中央円素材を回り込む素材Y軸回転とヌルレイヤーZ軸回転です

中央円素材を回り込む素材Y軸回転をヌルレイヤーZ軸回転に、ピックウィップで繋げる
中央円素材を回り込む素材Y軸回転をヌルレイヤーZ軸回転に、ピックウィップで繋げる

中央円素材を回り込む素材のY軸回転のパラメータに、エクスプレッションを有効にすると(Alt+キーフレームをクリック)するとピックウィップが表示されます

STEP
STEP3の工程で表示されたエクスプレッションの文字列の先頭に[-]を追記する

thisComp.layer(“rotation”).transform.zRotation

↓と表示されていますが、先頭に[-]を付け足して

-thisComp.layer(“rotation”).transform.zRotation

円が冒頭の映像のように正面を向いてくれます

観覧車・惑星の動きを作ることが出来れば、見やすく、そして奥行きのあるメニュー紹介なんて作れそうですね

ヨシコフ

打消しの[-]で遊んでみてください

参考文献は、いつもお世話になっているサンゼさんのチュートリアルです

¥2,970 (2021/12/13 15:39時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【ブログの目標】
・各種ツールの、検索をしてもなかなかわからないつまづきの解消&メモ&共有
・ワーママという特殊な立場で有益な情報発信
・生活情報メモ&共有
・ネタに困ったら雑記ブログ

【どんなひと?】
2DCGツール→AfterEffects,Photoshop,Illusrator
だけでは、最近厳しいので、blender2.8習得したいです
blogツール→wordPress

【大切にしている事】
家族と末永く平和に暮らしたいです
そのための5つの力(貯める力・守る力・稼ぐ力・増やす力・使う力)を習得中(両学長に感化されています)

コメント

コメントする

目次
閉じる