MENU
ブログランキングに登録していマス

ブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール背景画像
yoshikovsky
2DCGデザイナー兼ワーママ
はじめまして!yoshikovskyです

【ブログの目標】
・各種ツールの、検索をしてもなかなかわからないつまづきの解消&メモ&共有
・ワーママという特殊な立場で有益な情報発信
・生活情報メモ&共有
・ネタに困ったら雑記ブログ

【どんなひと?】
2DCGツール→AfterEffects,Photoshop,Illusrator
だけでは、最近厳しいので、blender2.8習得したいです
blogツール→wordPress

【大切にしている事】
家族と末永く平和に暮らしたいです
そのための5つの力(貯める力・守る力・稼ぐ力・増やす力・使う力)を習得中(両学長に感化されています)

有料ブログテーマSWELLは、デザイン性に特化したおすすめのテーマ

ブログテーマを無料のcocoonから有料のSWELLに変更して一ヶ月経ちました

結論:有料テーマSWELLにしてよかった!

有料テーマにしていなかったら、更新頻度はもっと下がっていたと思う!

目次

前提:wordPressを使ったブログ運営を経験していない人は、テーマの無料or有料の良し悪しの判断はつかない

wordPress(以下WP)を使ったブログ運営を始める人が必ず当たる問題です

無料のテーマ・有料テーマ、どっちがいいんだろう?

結論から言うと、最初から有料テーマにした方が良いです
後述しますが、有料だけに痒いところに手が届き、記事を書く事に専念できるからです

ですが、個人的には、一回無料テーマを使って、不便さを体感して、こういう機能があればいいのにというヴィジョンを作ってから、有料テーマに移行することを提案します

いくら万能な有料テーマとは言え、WPでブログの設定を行うのは、多機能がゆえに複雑です
ジャングルに暮らしていた人が、なにかと便利と聞いて都会に来て面食らう事になります

有料テーマは、そこそこお金がかかります
何が良いのかよくわかっていないのに、検索したら良い評判だったからと、大金をつぎ込むのは良くない流れです
結局、使いこなせず、有料テーマを使った感のないブログに仕上がるのは目に見えていますし、

yoshikovskyのアイコン画像yoshikovsky

そもそも、よくわからないで選んだ有料テーマが詐欺だったらどうするよ?

初めての事にチャレンジするときは、小さく初めて、大きく育てよう!

無料テーマで歯がゆかったこと

初めに無料テーマを選んだ理由

無料テーマはcocoonを使用していました

事前の評判はこんな感じ

  • 無料とは思えないほどカスタマイズが出来る
  • テーマに悩んだら、とりあえずcocoon

有料テーマの相場は10000円~18000円ぐらい
そして、Xサーバーのサーバーレンタル代で、すでに約39000円(3年契約)かけている私が、この回収できるかも分からないのに、さらに追加で、えいや!と有料テーマを購入するのは気が引けました

例えばこれが、レストランを立ち上げるぞ!としたときに、
店舗が必要・お皿が必要・仕入れが必要…、ってな具合に、何のためにコストがかかるのか、そのための回収期間は…など明確であれば良いんですけど、ブログは違います

有料テーマが何をもたらしてくれるのか分からないのに、
無料テーマの評判が良いのに、
投資回収期間の見通しが立たないジャンルなのに、
お金をかける理由を見出せませんでした

※最初のうちは

無料テーマで歯がゆかったこと

①細かく作りこみたいときは、html&CSSの知識が必要

この言葉に尽きます

確かに、おしゃれに、より読みやすい装飾は出来ないこともないのですが、それらは、html&CSSの知識が必要でした

  • トップページに、twitterやプロフィールを表示するとき
  • スマホ画面での見え方
  • 見出しに、ワンポイント装飾を加える

記事の作成を進めるときに、これらの問題に当たりました
結局、cocoonのノウハウ記事は溢れているけれど、html&CSSの知識が身についていないので、うまくいかないことが多く、検索と試行錯誤に、多くの時間を割かれてしまうのでした

②cocoonは、何種類か装飾のテンプレートを用意してくれているのですが、ちと安っぽく、アマチュアっぽい(すいません)

③クラシックエディターが2021年12月31日までで終了

吹き出し機能など、特殊なことをしたいときは、編集モードをクラシックエディターにしなければならないのですが、2021年12月31日までで終了

このことで、無料テーマを使っていることで、今後、自分のブログが改良される見通しもわからなくなりました

その他、googleアドセンスの落選が続いたことが決め手となり、有料テーマへの移行を決意しました

結局、googleアドセンスの選考理由は、有料テーマを使っているかどうかは、あまり問題じゃないようです

有料テーマSWELLを選んだ決め手

SWELLを知った経緯

重視したのは、デザイン性・直感的な操作性

候補に挙がったテーマは以下

JIN・SANGO・SWELL

当初、SWELLの存在自体知りませんでした
デザイン性なら、JINとSANGOがスタンダードでした
JINとSANGOの二択でしたが、さまざまなブログテーマの比較記事から、SWELLを推す記載を目にするようになりました

SWELLの公式に行くと、めちゃめちゃクールなサイト!

知名度は、JINとSANGOより群を抜いて低かったのですが、すぐSWELLの公式サイトのデザイン性を見て、検討したくなりました

SWELLを選んだ決め手

①Gutenbergに対応した操作性

Gutenberg画面
クラシックエディター画面

上述の通り、cocoonなんかもそうですが、クラシックエディターをベースにした記事を編集をするテーマがまだ存在します
しかしクラシックエディターは2021年12月31日までで終了

対して、新しい記事の編集画面のことを「Gutenberg」と呼ぶようです

SWELLは、Gutenbergを使った記事の編集を見越して、多くの機能が搭載されています
JIN・SANGOはまだ対応しきれていないようです
※SWELLはクラシックエディター機能も搭載しています

見た感じ、この点が決め手になる方が多いようです

②html&CSSの知識不要で設定・装飾が出来る

Gutenbergの件に通じますが、記事の装飾が直感的にできます

文章の一部だけ文字を大きくしたい
文章中のキーワードに、アンダーラインを敷きたい
ポイント部分にアイキャッチを入れたデザインにしたい…etc

痒いところに手が届きます

本当に多機能なので細かい紹介は割愛します
上記youtubeご覧ください

元々がお洒落なうえにデザイン&装飾が充実しているので、記事を書くことに専念できます

③他テーマから乗り換えるときのサポート体制が充実している

ブログテーマの変更の一番の難題は、乗り換えたあとの過去記事のデザインが崩れることです
たいてい、1記事1記事リライト地獄が待っていますが、
SWELLは、特定のテーマであれば、概ねデザインを崩さず移動するサポート用プラグインを、購入者に無償で提供しています

下記サポート対応テーマ

JIN・SANGO・STOROK・Cocoon・The THOR


こちらも、SWELLを選んだ決め手になる人が多いようです

④ブログを見るときの3種の媒体(PC画面・タブレット画面・スマホ画面)のレイアウトを確認しながら作成できる

無料テーマはhtml&CSSを駆使して行うことになります

⑤別で立ち上げた自分のブログに使用できる

つまり、ライセンス一本で、複数のブログに使用できます

元から作ったブログとは別で、特化ブログを新しく作りたい
子供にブログ作成をさせてみたい

こんな時に、助かる規約になっています

ソレを良い事に、知人友人に、パスワード配りまくるなんて、くれぐれもゲスい事はやめてあげてください。汗
開発者は命を削って開発しています

その他、SWELLを使って本当に良かった!と感じた点

①サポート体制が充実

購入すると、Slackという、SWELLの購入者限定のチェットルームに招待されます
そこで、SWELLの使い方や不明点について、回答してくださる場が設けられています

yoshikovskyのアイコン画像yoshikovsky

既に、何回か助けられました

②広告タグ機能に、表示回数とクリック回数が記載

最近は、もしもしアフェリエイトを利用するので、あまり使っていませんが、

自分が貼り付けたアフェリエイトの稼働状況が見れます

今のところ、クリックは0%^^;

アフェリエイトを強化していきたい人には、参考になるマーケティング情報になるのではないでしょうか

<一例>
予想外に、A商品<B商品に、人々は興味があるようだ
じゃあ、今後の記事は、B商品や、関連商品のアフェリエイトを強化する記事を増やそう

という具合です

SWELLを使用するときの注意点

All In One SEO Pack プラグインをインストールする必要あり

All In One SEO Pack プラグイン
googleアナリティクス・google Search Console・各種SNSとの連携に必要なプラグインです

cocoonは、こういったプラグインを導入しなくても連携ができましたが、
それに対し、SWELLは意図的に、システム面を考慮しているようです

それは、サイトにとって非常に重要なメタタグの設定が、テーマの乗り換えによって影響されてはならないからです。

また、膨大なコードを必要とする機能なので、もしテーマに実装したものが使われない場合はただ速度低下を招くだけのお荷物と化してしまうリスクがあります。

引用:SWELL公式サイトより

とはいえ、All In One SEO Pack プラグインの設定は単純な方だと思うので、事前情報として知っておくと良いです

②他有料テーマに比べて、群を抜いて高額

  • JIN 14800円
  • SANGO 11000円
  • SWELL 17600円

ただし、開発者の気分次第で、不定期割引セールを行っている模様

去年は、ハロウィンイベントを記念して
今年の四月(20/04)には、ブロガー応援企画として

私が、SWELLがセールを行っていると知ったのは、今年の5月(20/05)の事

yoshikovskyのアイコン画像yoshikovsky

チャンスの神様の前髪、ここでもつかみ損ねたーここにテキストを入力

SWELLの割引を待って、ブログの更新が中途半端になるより、
きちんとしたブログになって、早くgoogleアドセンスに合格するために、腹を括って投資しました

残念ですが、素敵なテーマの開発者にも敬意を報酬として払うことも大事です

まとめ:有料テーマSWELLは損をしないおすすめのテーマ

抜群に無料テーマを使っている時よりも、記事を書くことに集中できるようになりました

コストを気にして、悩まなくてよいところで立ち止まる時間があるのなら、
時間をお金で買った方が、今後も長続きして、楽しいブログ作成になります

冒頭記載の通り、SWELL以前に、WPの世界に慣れないと、どんな有能テーマを使ってもありがたみがわかりにくいです
初心者の人は、無料テーマで小さく初めて、有料テーマが必要な強い理由を見つけてから移行することをお勧めします

余談:SWELL開発者了さん

めっちゃオシャンティーテーマだったので、大手の会社が作っていると思いきや…
了さんという方が、1人で開発したそうです

すげええ…、そして、開発してくださりありがとうございます

twitterをフォローしたのですが、システムに強いほか、デザインに対して強いこだわりがある印象
オシャンティーなわけだ

SWELLは大文字表記であることに意義があるそうです

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【ブログの目標】
・各種ツールの、検索をしてもなかなかわからないつまづきの解消&メモ&共有
・ワーママという特殊な立場で有益な情報発信
・生活情報メモ&共有
・ネタに困ったら雑記ブログ

【どんなひと?】
2DCGツール→AfterEffects,Photoshop,Illusrator
だけでは、最近厳しいので、blender2.8習得したいです
blogツール→wordPress

【大切にしている事】
家族と末永く平和に暮らしたいです
そのための5つの力(貯める力・守る力・稼ぐ力・増やす力・使う力)を習得中(両学長に感化されています)

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる