MENU
ヨシコフ
2DCGデザイナー兼ワーママ
はじめまして!ヨシコフです

【ブログの目標】
・各種ツールの、検索をしてもなかなかわからないつまづきの解消&メモ&共有
・ワーママという特殊な立場で有益な情報発信
・生活情報メモ&共有
・ネタに困ったら雑記ブログ

【どんなひと?】
2DCGツール→AfterEffects,Photoshop,Illusrator
だけでは、最近厳しいので、blender2.8習得したいです
blogツール→wordPress

【大切にしている事】
家族と末永く平和に暮らしたいです
そのための5つの力(貯める力・守る力・稼ぐ力・増やす力・使う力)を習得中(両学長に感化されています)
ブログランキングに登録していマス

ブログランキング・にほんブログ村へ
楽天ROOMはこちら !!厳選アイテムをまとめました!!

会社に依存しない方法は?ワーママの考え方を変えるオススメの本4選

スポンサーリンク
ワーママ

折角復帰したけど仕事でトラブルが…
すっかり肩身が狭くなってしまった

ワーママ

家庭優先で定時で帰宅できるようにしたいけど、仕事をセーブしなければいけない

ずっとスポット対応で定年70歳まで続くなんて、想像できない

確かに正社員は安定しているけど、この働き方はいつまで通用するの⁉︎

ワーママ

体力の限界!
心身悲鳴をあげている

派遣・フリーも考えたけど、実際、金銭問題で悩むようになるのかな?

心身悲鳴をあげそうな中で
馬車馬のように働くワーママさん
本当に日々お疲れ様です

本記事の結論を言うと、常に働き方を自由に選択できる状態しておく事が大事です
「家族」を人質に、正社員・会社に執着・依存して不本意な事をしている状態がおかしくさせています

心身不安定な状態で退職しても不安定さを見透かされてしまい、良い結果にならないでしょう

そんな八方塞がりな状態に光をさす本4点ご紹介します

ヨシコフ

実際に何かしら行動に移す前に、
キャリアに対する姿勢を具体的にイメージさせましょう

目次

前提条件 会社以前に振り回されにくい考え方を身につけておく

職場復帰したけれど、なんだかうまくいっていないワーママさん
もしかしたら、ワーママ以前に、他人に振り回されやすいことが原因かもしれませんよ?

  • 人不足の会社を案じて、オーバーワークを引き受けてしまう
  • 周りの機嫌を優先してしまい、毎日ビクビクしてしまう
  • 何かと目の敵・ターゲットにされやすい

転職?フリー?派遣?
ということを考える前に、まずは振り回されやすいマインドを改善させましょう!

もちろん長年苦しんでいたことがすぐ改善されるわけではなく、日々考え方を習慣づける事が大事です

少しずつ習慣づけていくことで、わざわざ会社を変えなくても、現職でうまく続けられるかもしれません

会社に依存しない考え方を身につける本 オススメ4選

①キャリアの軸を探す「世界一やさしいやりたいことの見つけ方」

ワーママ

自分にやりたいことが無いから、外の世界へ行けない・・・

そんな状況に直面した時に、多くの人に立ちはだかる壁

ですが、大体、現状に疲れ切っているだけで、療養して元気になれば、何かをやりたくなるはずです

本書では、日々の現状に疲れ切った人たちの潜在能力を掘り起こします

大事なこと
×
好きなこと
×
得意なこと

筆者はこれらが重なった部分が「本当にやりたいこと」と提案しています

ただし注意点ですが、やりたいことの発掘方法はとてもやさしいですが物量が結構あります

紙の鉛筆で進めると、心が折れてしまうでしょう

そんな時、マインドマップアプリ「mindMister」をお勧めします

マインドマップ3つまでなら無料でできます

ヨシコフは思考がとっ散らかりやすいので、有料版を使っています。月額580円の年間払い
悩んで人の時間を奪うよりは!

そして、こちらストレングスファインダーで自分の34の資質を当てはめながら進めると、より効果的になりそうです!

ストレングスファイダーについての詳しいことは過去記事にて紹介しています

②仕事に対する姿勢を見直す「副業と転職のかけ算」

短大卒&新卒で地元のホームセンターで年収240万の僕が、本業年収1000万+副業4000万円

⬆️この本のキャッチコピーです

この本の帯を読んだ人は、どんなこの本に対してどんな風に感じるのでしょうか?

ワーママ

低収入でキャリアがパッとしない私にもチャンスがある⁉︎

ワーママ

転職さえずれば収入が安定する⁉︎

ワーママ

副業でここまで稼げるなら、本業要らないよね⁉︎

こんな風に、心のどこかで手っ取り早く自分の安心と安定を求めている人には、作者motoさんのストイックさ・戦略を見て面を喰らう内容になっています

短大を選んだのは金銭事情もありますが、人より早く2年社会に出て職歴を積みたかったとのことです

新卒の職場として地元ホームセンターを選んだのは、素人の自分ですら陳列やお店の雰囲気に改善余地があると感じるお店をプロデュースしていくことで実績が積めると感じたからと書かれていました

motoさんは、既にホームセンターに勤めた時点で転職を見越していて、軸ずらし転職(業界か職種のどちらかを変えて転職)をし続け、年収をアップしていきます

加えて、「副業と軸ずらし転職」のコンテンツ提供(ブログ・Voicy・noteなど)で副収入4000万円

副業収入で、すでに経済的自立を果たしていて、働く必要が無いmotoさんですが、なぜ働き続けるのか?

それは、motoさんがやりたいこと、つまり、副業と軸ずらし転職のノウハウを広めていく為です

その為に、会社で働き続け・必要であれば転職していくことはmotoさんに取っての仕入れ商品です

辞めてしまうと情報が陳腐化し、良質なコンテンツ提供ができなくなってしまうのです

さらにその副収入があれば会社の仕事を疎かにしてしまいそうですが、motoさんは会社で常に最高のパフォーマンスを出す事を意識しているようです

なぜなら、自分自身を商品として売り込んでいけるようにすることが、転職を成功させるために必要なことだからです

motoさんは勤め先に副業のことを知らせているので、手を抜いたら、すぐ減俸・解雇のリスクに合うかもしれないと、常に危機感を持って仕事に取り組んでいます

さて、ここまで読んで…

怒るワーママ

ワーママの味方と言っといて、梯子外しやがって!

怒るワーママ

ワーママがズルしてる!休みたい!って言いたいの⁉︎

ヨシコフ

と思った皆さん落ち着いてください💦

この本から参考にして欲しい部分

それは、普段の仕事で最高のパフォーマンスを出すようにして、急に外へ出されても生きていけるように、中身が充実した職務経歴書をかけるようにする部分です

常にスキルを棚卸ししておけば、チャンスの神様の前髪を掴む事ができます

  1. 職務経歴書を書いて、自分のキャリアの棚卸しをしておく
  2. デモリール・ポートフォリオを作っておく
  3. 転職エージェントや転職サイトの情報をチェックし、自分に適した場所に移る為に足りない経験・スキルを磨く
  4. 現職組:期末降下で根拠を基に交渉
    転職組:マッチするものがあれば応募してみる
  5. NGの場合、2〜4を繰り返し続ける
ヨシコフ

ね!これで今の自分に出来る事分かったでしょ?

その職務経歴書の磨き方は?ってか、軸ずらし転職って何!?募集要項の何見ればいいの?motoさんって何者?

ここから先の深掘りは、ぜひ本書を手に取って確かめてくださいね!

③自分にとっての優先順位を明確に「科学的な適職」

②「転職と副業のかけ算」で仕事に対する姿勢を見直したところで…

いざ適職を探そうとするときに、こちらの本を読んで欲しいです

仕事選びでありがちな7つの事を見事バッサリ否定しています

  • 好きを仕事に
  • 給料の多さ
  • 業界や職種(②業界と職種で選んでるやん)
  • 仕事の楽さ
  • 性格テスト
  • 直感
  • 適性テスト(①でやった事って無駄だったん⁉︎)
怒るワーママ

ワーママ舐めやがって!

怒るワーママ

情報操作して振り回そうとしている!

ヨシコフ

落ち着いてください!💦

本書では、職を選ぶときに一般的な選び方を否定をしていますが、「何故?」の部分まで深掘りしています

そして、現在「個の時代」とメディアが煽っていて、会社員<フリーランス、クラウドソーシングの活用の風潮が強くなってきていますが、安易に世間の流れに流されないように忠告しています

忠告で終わらず、本書もいくつか診断テストを用意しています

  • 3つの意思決定ツール
    点数をつけながら決めることで、自分に取っての優先順位が明確につく
  • 意思を決定した後に起こりうる最悪な展開を書いてみて、どう対応できるかも考える
  • 10/10/10テスト
    その決断をした10分後・10ヶ月後・10年後どうなっているか
  • 自分の悩みを文章にし、主語を三人称(彼・彼女)にして、客観的にアドバイスをしてみる

どうですか?
漠然とした不安はだいぶ取れるのでは無いでしょうか?

本書を購入した特典で、各テストの回答ページ(PDF)をダウンロードする事ができます

コピーして思いっきり書き殴って、自分を襲う「漠然とした」を潰してやりましょう!

④転職活動している自分を客観的にイメージする「転職の思考法」

大人盤・進研ゼミの漫画でしたw

やってよかった!転職!
キラキラキラ

実際、流行りの転職エージェントを使おうとしているあなた
この本読むまで一旦待ってください!落ち着いてください!💦

転職エージェントは、無料で職探しをお手伝いしてくれますが、無料の裏側で、彼らは「成約ノルマ」を課せられています

かなり穿った書き方ですが、成約させるために、あの手この手を使ってきます

  • 経験をとるべきと言いながら、年収ダウンの転職をさせる
  • 公表NGの案件を、なんとか内緒で公開させようとする
  • ウォーミングアップで…と、その気のない企業を薦めてくる
  • 別口で内定が出ると、断らせようとする

彼らも営業なので生きるためのノルマは大事です

ですが、ノルマを大事にするあまり、転職者に対して色々雑だったり乱暴だったりする事があります

本書では、転職エージェントの闇の部分を描きつつ、どのように転職エージェントと良好な関係を築きながら進めていくかを指南しています

そして、本書は小説で書かれているので話に入りやすいです

話に入りやすい反面、主人公の設定や置かれている状況があざとくて小っ恥ずかしいです

ヨシコフ

漫画版も出ているんですね!

そして、本書では転職エージェントだけを推していません

一番は、サービスを介さず、単身で応募できることが1番良いと書いています

会社はノーコストで採用する事ができるからです

その為には、②「転職と副業のかけ算」の様に、自分を商品としていかに売り込めるかが重要と書かれていました

本書の主人公・青野は、30代前半の崖っぷち・空っぽ会社員

読み進めていくと、青野は皆さんの代わりに、業界と職種の選び方・転職エージェントの仕組みなどに疑問を抱いたり、質問をしてくれます

転職活動・キャリアチェンジに本腰になる前に、流れのイメージトレーニングとして読んでおきたい一冊です

現職に在籍する方も「自分自身を商品化」することは免れないです

←漫画版はこちら

まとめ:「会社」と言うより依存している事がNG。いつでも自分が咲けるところに移れるように

会社は福利厚生・社会保険があり、国からも労働者を守るように管理されています

しかし、会社の業績が悪化したり、人員不足となるとどうでしょう?

福利厚生や社会保険の制度は、あって無いようなものになり、社内は険悪モード

そこで、誰かのサポートありきのワーママさんが加わると、途端に目の敵にされやすいことは容易に想像できます

出産前に築いてきた信頼関係や会社への貢献は、産後、無かったことのような状況になると、悲しくて燃え尽き症候群に・・・

そして、育児にも影響が出る…こんなに悲惨なことはありません

そうならないために、自分自身をどこへ行っても売れる商品にしておく必要があります

【前提】周りに振り回されないような考え方を習慣づけた後で…

  1. 「世界一やさしいやりたいことの見つけ方」でキャリアの軸を探し
  2. 「副業と転職のかけ算」で仕事に対する姿勢を見直す
  3. 「科学的な適職」で自分にとっての優先順位を明確にして
  4. 「転職の思考法」で自分は外の世界でも通用するか客観的にイメージする

これで何が起きてもあわてない!自分を商品化する習慣がついているから!

長年勤めた親しみのある会社でも、時代・家庭環境の変化によって悪く変化する時があります

いつでも、自分が咲ける場所に身を置けるようにしておきたいですね!

余談:書籍は電子書籍が圧倒的におすすめ!

電子書籍が圧倒的におすすめですよ!

  • 場所を取らない
  • シワクチャにならない
  • 紙媒体の本より安く販売されている

ヨシコフはKindleのタブレットではなく、FIreHDというタブレットを購入しました

カラーでも楽しみたかったのと、出先でムスコに映像や絵本を見せたかったので!

本棚を自宅に置いたとして、本棚自体は買い切りだけど、本棚を置く面積を家賃で計算したらいくらになる?

そう思えば、電子書籍のタブレットがいかにコスパがいいかわかると思います👍

電子書籍おすすめですよ👍

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【ブログの目標】
・各種ツールの、検索をしてもなかなかわからないつまづきの解消&メモ&共有
・ワーママという特殊な立場で有益な情報発信
・生活情報メモ&共有
・ネタに困ったら雑記ブログ

【どんなひと?】
2DCGツール→AfterEffects,Photoshop,Illusrator
だけでは、最近厳しいので、blender2.8習得したいです
blogツール→wordPress

【大切にしている事】
家族と末永く平和に暮らしたいです
そのための5つの力(貯める力・守る力・稼ぐ力・増やす力・使う力)を習得中(両学長に感化されています)

コメント

コメントする

目次
閉じる