MENU
ヨシコフ
2DCGデザイナー兼ワーママ
はじめまして!ヨシコフです

【ブログの目標】
・各種ツールの、検索をしてもなかなかわからないつまづきの解消&メモ&共有
・ワーママという特殊な立場で有益な情報発信
・生活情報メモ&共有
・ネタに困ったら雑記ブログ

【どんなひと?】
2DCGツール→AfterEffects,Photoshop,Illusrator
だけでは、最近厳しいので、blender2.8習得したいです
blogツール→wordPress

【大切にしている事】
家族と末永く平和に暮らしたいです
そのための5つの力(貯める力・守る力・稼ぐ力・増やす力・使う力)を習得中(両学長に感化されています)
ブログランキングに登録していマス

ブログランキング・にほんブログ村へ
楽天ROOMはこちら !!厳選アイテムをまとめました!!

不安解消!職場復帰前にすること 接客のプロ・キャバ嬢の本3選

スポンサーリンク

ワーママ

育休復帰、怖いな
職場で失敗して、はじかれたらどうしよう・・・

ワーママ

時短勤務だけど、定刻になったら返してもらえるのかな?

家事・育児配分もしたし、産休前の業務の復習もした。けど不安が消えない・・・なぜなら、職場復帰後の他人の反応なんて、エスパーでない限りわかりえないからです

実際、2回目の職場復帰とはいえヨシコフも不安

そんな時は、接客のプロ・夜のお仕事している方々からお話を聞いてみましょう!

ワーママ

何で突然キャバ!?

ワーママ

キャバの知り合いなんていないよ〜💦

ここでいう「お客=職場スタッフ」「お話を聞く=その道のプロの本を読む」という意です

キャバ嬢・ホステスは接客のプロです

  • 毎回さまざまなお客様を迎え入れ(いろんな考え方をした職場の人に対応)
  • あわよくば、お客様が贔屓してくださるような最高級の非日常サービスを提供(職場の人と信頼関係を構築)
  • そのための、自己投資・自己研鑽を惜しまない(成功へ繋げるための努力)
  • お客様に嫌われたからと言って、惨めで嫌いな自分にならない(失敗した時の捉え方)

非日常空間の仕事と思われますが、復帰後でも職場でうまくやるようにするための多くの気づきを与えてくれるでしょう!

目次

育休復帰後 本当に怖いのは職場での立ち回りの悪さ

ヨシコフの第一子の時の職場復帰は、とてもではありませんが順調とは言い難かったです(感謝したい方も多くいるので細かく書けませんが)

悲しいかな相手は変わりません

せめて原因自分論と捉えるなら、ヨシコフがTHE会社員マインドしか持ち合わせていなかったからです

  • 人を疑わず、従順だったから(他人軸)
  • 評価を恐れて、主張するところで主張できなかったから(支配)
  • 自分の強みがわからず外に出れない(依存)

これらのマインドブロックが外れた状態で、自分が犠牲になりすぎずに、周りの人が気持ちが良くなるように働いている人=キャバ嬢なのです

①俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

名言で有名なローランドさんはキャバ嬢じゃなくホストですが、接客のプロってところで、皆さんの参考になるでしょう!

・100人中100人が僕に出来ないと言ってきたって、100人全員が間違えているかもしれないじゃないか。そう思って生きてきた

・ノーが言えない人のイエスには価値はない。嫌いが言えない人のイエスには価値がない

・この部屋が汚いの?それとも俺が綺麗すぎるから汚く見えるだけ?

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

本書ではローランドさんの名言と、その名言が生まれた背景と解説を交えて綴られています

キザったらしい言葉を並べるローランドさんですが、本書では、ローランドさんの人生一番の挫折・要所要所に描かれる庶民に寄り添ったユニークな文章が綴られています

  • サッカー選手を目指すべく青春の全てをサッカーに捧げたものの、夢破れて抜け殻になった暗黒期
  • 親に言われるがままに入学した大学
  • そして、ホストに憧れて周囲の猛反対を押し切って大学中退

結局のところ、ローランドさんも人の子。本書を手に取る一般人のことを想定して書かれているように見えました

自分自身を異次元扱いしていますが、世間から本当のところどういう目でみられているかもわかっていらっしゃるんだと思います

その上で、ホストという接客業をする上で、お客様に夢を見せるために日々意識しているマインド・行っている美容・体重管理のことが記されています

一見ナルシスト満載のように感じる名言も、ローランドさんの生い立ちと名言を産んだ背景を読めば、等身大に私たちを鼓舞してくださっているのが伝わってきます

ローランドさんの名言と仕事復帰後も自分らしくいるための聖書となるはずです

ヨシコフ

がんばローラン!

一番の名言「俺か、俺意外か」は、ヨシコフにはあまり刺さりませんでしたが、他の名言が鋭かったり爆笑したりと、明日の活力ももらいました!

②筆談ホステス ~母と娘、愛と感動の25年。届け! わたしの心~

書籍が出版されていますがKindle版が無く💦
なので、過去に放送されたTVスペシャル版をAmazonプライムビデオでレンタルしました

予想していましたが、民放で流したTVドラマゆえ、コテコテの綺麗な道徳映像になっています。実際、もっと泥臭かったかと思われます

かつて筆談ホステスで有名になった聴覚障害の斉藤里恵さんが、筆談ホステスに成り上がるまでのお話です

あらすじ
青森県育ちで、幼い頃に髄膜炎の後遺症で聴覚障害を患った里恵さん

可哀想な子に育てまいと厳しくし続けた母親と仲違いをしたことがきっかけで非行に走ります

しかし、耳が聞こえないことで、非行仲間に迷惑をかけ続け、仲間外れにされ、当時の恋人にも酷い振られ方をします

自暴自棄の中で洋服店で万引きをするも、オーナーの温情で雇われ、言葉が話せない代わりに写真のコラージュでおすすめのコーデをお客様に提案したりと、筆談ホステスの前段となる接客の楽しさを見出します

しかし、洋服店は業績不振で倒産

落ち込んだ中、紹介で地元のキャバクラでホステスとして働き、筆談によるコミュニケーションで売り上げを伸ばしていきますが、母親にホステス業がバレて衝突、そして家出

慕っているママのツテを頼り、東京・銀座のホステスへ挑んでいくお話です

このブログを読んでいる皆さんの問題は、仕事と育児の両立です

斉藤里恵さんの問題は、聴覚障害で言葉が話せないことです

不安定な環境にどういうスタンスで向かい合っていくか教えてくれるお話となっております

斉藤里恵さんの場合

  • 障害によりコミュニケーションが取れないことで、周囲から疎外された過去があった
  • 自暴自棄・閉鎖的な期間があった
  • しかし、アパレルの仕事を通じて、接客業を通じて人に寄り添う事に喜びを感じた
    (大事なこと×好き×得意を見つける)
  • 好き・やりたいことである接客業を軸に、ホステスで開花
    (軸ずらし転職)
  • 厳しい親にやらされた習い事・書道が、「筆談」に活きた
    (過去の掘り下げ)

里恵さんのお話を自分ごととして置き換えて視聴すると、閉塞的な環境からの突破口が見えてくるはずです👍

里恵さんのように犯罪を犯した店舗で再就職してほしくないのでw、書籍を活用して自己分析を行って、皆さんだけが持っている、「大事なこと×好き×得意」を見つけてみてくださいね!

自己分析の方法は下記記事をご覧ください!

マンガでわかる 日本一売り上げるキャバ嬢の億稼ぐ技術

日本一売り上げるキャバ嬢こと小川えりさん(通称エンリケ)のビジネス書です

ヨシコフは活字が苦手で、漫画版の方を読みました。文字だけでは、キャバクラの雰囲気が伝わりにくいだろうと、漫画版を出したそうです

ヨシコフ

こういう発想もさすがです!

稼ぐために大事なことはたくさん本書に書かれていますが、特にヨシコフは、下記のことが印象に残りました

  • お客様が言葉に出さない部分を探る(潜在意識を探る)
  • お客様の来店理由を探る(振られた仕事の背景を探る)
  • 我慢はしない・自分を飾ることに拘らない(犠牲にならない・主体的になる)
  • 1人でやろうと思わない(チームで動く)
  • 庶民感覚を忘れない・お客様のライフスタイルに合わせてメールをやりとりする(相手に歩み寄る)

何かと自己犠牲の精神を持ちやすいワーママ。そして、悪い人は「社員なんだから」という思考停止でよくわからない理由でオーバーワークを押し付けます

そうしてパンクしてしまうケースも多いように見えますが、エンリケさんの本を読めば、何かに支配された状態→自分がやりたい状態にコンディションを整えることができます

なぜその仕事が自分に与えられているのか探る
自分には何が求められているのか?いい加減な発注ではないか?仕事のパフォーマンスを出すためにカウンセリングは必須です

我慢をせず、主張すべきところで主張する
歯向かう事とコミニケーションとして反対意見を言う事は違います

1人でできなそうなこと・苦手なことは誰かを頼ってみる

今や色んなインフルエンサーがお金の勉強について発信されていますが、キャバ嬢のエンリケさんも同じようなことを提案されています

ドラマや漫画で見る印象で、羽振りが良く、女を使ってお金を持っているお客様を金蔓としてみていそうですが(酷い偏見)、健全に賢く稼いでいます

そんな夜の世界を歩き続ける女性戦士から、処世術を学ぶことができます🍷

まとめ:職場復帰後は健全なヘルパーズハイを目指そう!

上記3つの著者に共通して言えることは「ヘルパーズハイ」

大事なこと(非日常空間の提供)×好き(接客)×得意なことを(接客)の3つの要件を組み合わせたサービスを提供し続けたら結果が出たのです

仕事に締め切りがある以上、育休復帰・時短勤務といえど、時間に追われて苦しい場面に遭遇してしまうでしょう

しかし、3つ要件を組み合わせたヘルパーズハイになるように仕事に取り組めば、苦しい場面はやりがいへ変化します

ただし、ローランドさん・エンリケさんがおっしゃるように自己犠牲はNGです。

喧嘩腰にならず、はっきりとNOを言いましょう

それでも何か言ってくる人物なら、日常から録音・チャットのスクショして記録をつけてしまいましょう
(この話になってくると脱線するのでここら辺で)

ヘルパーズハイになって、会社生活が順調にいくのなら、今流行りの副業なんて不要かも知れませんね!

ヨシコフ

不安で泣きそうになったら、キャバ嬢の胸で泣け!

書籍は電子書籍がおすすめです👍本棚・本のスペースを気にせず、読む場所を気にせず、子供に破られることもなく、快適🎐です

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【ブログの目標】
・各種ツールの、検索をしてもなかなかわからないつまづきの解消&メモ&共有
・ワーママという特殊な立場で有益な情報発信
・生活情報メモ&共有
・ネタに困ったら雑記ブログ

【どんなひと?】
2DCGツール→AfterEffects,Photoshop,Illusrator
だけでは、最近厳しいので、blender2.8習得したいです
blogツール→wordPress

【大切にしている事】
家族と末永く平和に暮らしたいです
そのための5つの力(貯める力・守る力・稼ぐ力・増やす力・使う力)を習得中(両学長に感化されています)

コメント

コメントする

目次
閉じる